むくみを解消できる利尿剤ラシックスはダイエットにも効果があるため女性を中心に人気です。

むくみ取りの救世主

ラシックス

女性はいつでも美しく、可愛く見られたいものです。しかし、女性の体というのはとてもデリケートですし、時期などによって大きく体質が変わります。ですから、時期によっては肌が荒れてしまったり、太ってしまったりします。

ただ、自分の体をよく理解していることで、しっかりと体調の変化に対応することができます。

美容の敵となる存在は多々ありますが、その中でも「むくみ」と呼ばれる症状は多くの方が悩んでいます。

むくみというのは、皮下脂肪にある過剰な水分です。通常よりも水分量が増えてしまうことで見た目がふっくら見えてしまいますし、目に見えない部分でもイライラ、やる気の低下などの症状が起こってしまいます。

特に女性はむくみやすいと言われていますので、自覚があるという方はこのサイトを参考にしてむくみを解消していくようにしましょう。

現在むくみには悩んでいない…という方もいるかと思いますが、今後むくみに悩まされる可能性があります。また、男性でもむくみは生じますので、他人事と思わないようにしましょう。

現在ではむくみを解消してくれるお薬などもありますので、手軽にむくみに悩みを解消することができます。

成分について

むくみが気になる女性

むくみが気になった時の対処法というのはいくつかあります。女性であれば、むくみで悩んでいる方が多いので、すでに色々とむくまないような対策をされているかと思います。

人によって向いている対策法は違いますが、ここでは手軽にできいるむくみ解消方法をお教えします。そのむくみ解消方法というのは「ラシックス」です。ラシックスというのはむくみを解消する効果がある薬です。この薬を服用するだけで症状が改善されます。

ラシックスの有効成分はフロセミドと呼ばれる成分です。

このフロセミドというのはむくみの原因となっている水分を排出するという作用があります。フロセミドはループ利尿薬と呼ばれる薬に分類され、むくみ解消の他にも浮腫や高血圧症などの治療薬としても使用されています。

また、ラシックスという薬の名前は、ラスト(続く)とシックス(6時間)という言葉を組み合わせたものです。つまり、6時間効果が持続するということです。

また、ラシックスには様々な種類が存在しており、用途によって選ぶことができるようになっています。

一般的には錠剤タイプですが、カプセルや注射なども存在しています。

利尿作用でむくみをとる

むくんでしまった?女性

むくみ解消薬として有名なラシックスですが、どのようにしてむくみが解消されるのか?その仕組みを知っている方というのはとても少ないでしょう。

ラシックスの主成分はフロセミドというものです。このフロセミドが非常にむくみに有効なわけですが、その理由は以下になります。

むくみというのは、心臓、腎臓、肝臓などの臓器の働きが悪くなることで、体に水分が溜まります。この蓄積された水分こそむくみの正体です。

そして、フロセミドという成分は強い利尿効果があり、腎臓の働きを活発にさせて尿を生成します。そうすることで、体に蓄積された余分な水分が尿となって体外へ排出されるという事になります。

体外に余分な水分が排出されることによって血圧も下がり、心臓にかかる負担も軽減されます。よって、むくみが解消されるだけではなく体が楽になる、精神的に落ち着くといった効果も得られます。

フロセミドが配合されているラシックスは、むくみ解消薬としても処方されますが、その他にも心臓、腎臓、肝臓に関連する病気がある場合でも処方されます。

また、女性は生理前になるとむくみやすい体質になりますが、生理前にだけ服用するというようにスポットで利用されている方もたくさんいます。

用法や用量について

ラシックスを飲む女性

ラシックスでむくみ解消を考えているのであれば、病院で処方してもらうか個人輸入代行サイトで購入する必要があります。

病院であれば用法用量を説明してから処方してもらうことができますが、個人輸入代行サイトで購入するという場合は、誰からも用法用量の説明を受けることができませんので自分で調べる必要があります。

ラシックスは利尿作用があるお薬です。服用方法を間違ってしまうと体に悪影響を与えてしまう恐れがあります。

ラシックスにはいくつかの種類があります。

錠剤であれば10ミリ、20ミリ、40ミリという種類がありますが、成人の場合には1日1回40~80ミリを経口投与します。ただ、人によって適量は異なりますので、体質に合わせて調節をする必要があります、症状が軽度であれば毎日服用する必要はなく、隔日投与で良いでしょう。

顆粒タイプのラシックスを服用する際にも1日40~80ミリを経口投与します。顆粒であれば錠剤よりも水に溶けやすいので効果が早く現れます。

むくみ解消でラシックスを服用する際には、錠剤も顆粒も1日40~80ミリですが、悪性の高血圧などに使用する際は大量に服用します。

基本的に服用する際には水やぬるま湯と一緒に飲みます。できるだけコップ一杯の水と一緒に服用しましょう。そうすることで、しっかりと薬が体内に届けられますし、消化も早まります。

また、飲み忘れてしまった場合、健康に大きな影響が現れることはありませんが、気づいたときに早めに服用するようにしましょう。

ラシックスは副作用が起こりにくい成分ではありますが、場合によってはかゆみや発疹などの症状が出てしまう恐れがあります。こうした症状が現れている場合に使用をやめ、医師へ相談するようにしましょう。

効果時間はどのぐらい?

効果時間を気にする女性

ラシックスのむくみとり効果は非常に高いです。そのため、むくみの悩みを比較的早く解消することができます。

効果が現れるまでの時間ですが、早くて30分、遅くて3時間程度で効果を感じます。効果が現れるまでの時間は、平均でも服用して1時間程度です。

効果が現れるということは、尿が生成されるということで、トイレに行く回数が増えます。よって、ラシックスを服用する際にはトイレに行ける環境であることが大切です。ラシックスを飲み始めた頃というのは尿の量が増えます。よって、特に注意が必要です。

錠剤や顆粒タイプであれば、服用後1時間程度で効果が現れますが、注射タイプのラシックスであれば注射してから5~7分程度で効果が現れてきます。よって、注射のラシックスを選ぶ場合には、十分に準備をしておく必要があります。

また、効果の持続時間に関してですが、6時間程度となります。

短いと感じる方もいるかと思いますが、長時間トイレに行きたい状態が続くのは大変です。よって、6時間でも十分な効果持続時間といえるでしょう。

むくみ以外にも

むくみ解消の効果があるラシックスですが、むくみ解消以外でも幅広い効果があります。よって、医療現場ではラシックスが活躍しています。では、実際にラシックスはどのような治療で用いられているのでしょうか。

高血圧症

血圧の最大数値が160mmHg以上、もしくは最小数値が95mmHg以上の場合、高血圧となりますが、ラシックスの有効成分には血圧を下げる作用があります。よって、血圧を下げるお薬としてよく用いられています。

心性浮腫

心性浮腫というのは、心臓の機能が低下することによってむくみが生じます。また、場合によっては呼吸困難なども生じます。症状の特徴としては、夕方や夜などに症状が強くなります。

腎性浮腫

腎性浮腫は、腎臓の機能が低下することで浮腫を生じます。腎臓というのは一度機能が低下してしまうと回復するのが困難と言われています。しかし、腎機能が低下した場合でも初期症状は自分で見つけることが困難なので、むくみが現れた場合には病院ですぐに検査をしてもらう必要があります。

月経前緊張症

女性限定の症状ですが、月経が起こる3日前~10日に心身共に何らかの症状が起こります。

症状には個人差がありますが、主にむくみ、胸の膨らみ、めまい、食欲不振などの身体的症状だけではなく、抑うつ、情緒不安定、睡眠障害などの精神的な症状も起こります。

尿路結石排出促進

尿路結石というのは尿路にカルシウムやシュウ酸などの結晶がつまってしまうことです。砂粒程度の小さな場合もありますが、拳ほどの大きな場合もあります。

ラシックスというのは、こうした病気や症状の治療にも使用されます。

むくみだけではなく、上記の症状で当てはまるものがある、少し不安という場合には病院へ相談しに行くと良いでしょう。

保管の方法について

ラシックスの錠剤

ラシックスを病院で処方してもらった、個人輸入代行サイトで購入したという場合、すぐに全てを使い切れるわけではありません。数回分まとめて処方や購入することとなりますので、必然的にラシックスを数回分保管しておかなければなりません。

ラシックスに限らず、錠剤などの薬の場合は特に環境を気にせず保管しているという方が多いですが、環境が悪いと薬の状態が悪化してしまいます。そうすると、せっかくの有効成分が最大限に発揮されない恐れがありますし、場合によっては健康に影響が出る恐れがあります。

ラシックスの保管をする際には、1~30度で、湿度はNGです。また、適温であっても冷蔵庫の中や炎天下などは避けましょう。

また、ペットや小さい子供が服用してしまわないように、手が届かないところに保管しておくことも必要です。

小さい子どもが服用してしまうと、体内の電解質バランスが崩れてしまい、体調が悪化します。また、低出生体重児が服用してしまうと腎石灰化症が現れる恐れがあります。

よって、子供が触れることができないような高い位置にある扉の奥などに保管しておきましょう。しかし、ラシックスは継続して服用する必要があるので、自分が忘れないような場所に置いておくことも大切です。

モデルや芸能人も利用している

モデル体型

テレビに出ている女優さんや雑誌に出ているモデルさんというのは顔が可愛いだけではなくてスタイルも抜群ですよね。

同じ人間とは思えないようない可愛さとプロポーション…。

顔は変えることができなくても、スタイルであればなんとか努力次第でモデルさんや女優さんに近づくことができます。

もちろん、骨格や身長などの問題もありますので、そっくりそのままモデル並みのプロポーションを手に入れることはできませんが、あなたもモデル体型を手に入れることは不可能ではありません。

モデルさんや女優さんのスタイルの良さというのは、もちろん食事制限や運動などもありますが、その他にも理由はあります。

それは「ラシックス」です。ブログなどでもスタイルを保つ秘訣としてラシックスを愛用していると公開されている方もいますが、こっそりとラシックスを取り入れている方もいます。

ラシックスというのは利尿作用があるお薬ですが、どうしてスタイルを保てるのか?

それは、利尿作用によってむくみを解消できているからです。

むくみでそれほど見た目は変わらないだろう…と思っている方もいるかもしれませんが、むくみを甘く見てはいけません。

むくみがあるのとないのでは、大きく見た目が変わります。そのため、日頃からむくまないように芸能人たちはラシックスに頼っているのです。

サラダばかりの食生活やジムに毎日通ってトレーニングすることはできなくても、ラシックスを飲むだけなら誰にでも始めることができるでしょう。

ラシックスは病院へ行かなくても手に入れることができますので、こっそりモデル体型へなる計画をはじめていきませんか?

これで、あなたもモデルのような美しいボディを手に入れることができるかもしれません。

美容の天敵むくみ

天敵に負けない

あなたはむくんでいますか?

そう聞かれて即答でイエスと答える人もいれば、ノーと答える人も居るでしょう。

イエスと答えた方の多くは女性だと思いますが、むくみというのは個人差があり、女性であってもむくみやすい人もいればそうでない人もいます。しかし、自分ではむくんでいないと思っていても、案外多くの方が「隠れむくみ」になっています。そのため、むくみの自覚がないという方でも、むくみについて知っておくと良いでしょう。

むくみと聞くと、夕方になると足のサイズが変わるほどパンパンになっている、お酒を飲んだ翌朝目覚めると顔がパンパンになっている…というように、体の表面に症状が現れるというイメージが強いです。しかし、実際には体の表面だけではなく、体の内側にも症状が現れています。

例えば、なんとなくやる気が出ない、イライラしている、だるい…こうした症状もむくみが原因となっている可能性があります。よって、体の表面で症状を感じていなくても、内面的な症状を感じた経験があるという方はむくんでいるということです。

最近では男性でも容姿を気にするようになりましたが、やはり女性の方が容姿を気にしています。しかも、女性は男性に比べてむくみやすいという特徴がありますので、しっかりとむくみの対処をしていかなければなりません。

美容の天敵であるむくみに打ち勝つためには、まずはむくみの仕組みをしっかりと理解していくことが大切と言えるでしょう。

むくみがあらわれる仕組み

むくみに悩む

「むくみ」と聞いて、大体どんな症状を指しているのかは分かるものの、どのようにしてむくみが生じているのかまではよくわからない…という方が多いです。

もちろん、むくみのメカニズムなどは必ず知っておかなければならないというわけではありませんが、美容の大敵をやつけるためには、しっかりとメカニズムまで理解している必要があるといえるでしょう。

ここでは、むくみの正体やむくみができるまでのメカニズムなど簡単に紹介します。

むくみの正体というのは、簡単に言えば「過剰な水分」です。必要以上の水分が体に蓄積されていることにより、むくみという現象が起こります。医学的には、むくみというのは細胞間の水分が血管へ戻らず、皮下に水分が溜まった状態を指しています。

わたしたちの体に存在している血管には、小さな穴が開いており、常に細胞の間にある間質液というものが出入りしています。血管の内と外にある水分量は常に一定に保たれているのですが、血管の内側の水分量が多すぎる、血管に戻す水分の量が少なくなる…などが原因で水分量のバランスが崩れてしまい、皮下に過剰な水分が溜まります。こうしたことが「むくみ」の正体です。

では、どうして血管の内側と外側の水分バランスが崩れてしまうのか?というと、肝臓や腎臓の病気、血中のタンパク質が少なくなる、アレルギー症状、蚊に刺されなどが挙げられます。また、立ちっぱなしや座りっぱなしなどでもむくみが生じやすくなります。

長時間の立ち仕事や運動不足

コピーを取る

むくみの原因というのは色々とあります。

その人の年齢、体質、職業…様々な要因が絡み合っていますので、原因を特定するのは難しいです。人によってむくみやすい、むくみにくいといったタイプがありますが、多くの方が経験しているのが「足のむくみ」ではないでしょうか。

特に足というのはむくみやすい部位なので、一度は足のむくみを経験したことがあるでしょう。

どうして足がむくみやすいのか?というと、足というのは全身を支えている部位ですし、重力の関係で血液が溜まりやすくなっています。また、女性は男性に比べると筋肉量が少なく、女性ホルモンの影響を受けやすいということで、どうしても体質的にむくみやすいのです。

そして、特にむくみやすい職業というのは、美容師、ショップ店員、看護師、事務員などです、こうした方たちというのは常に立ちっぱなしや座りっぱなしのお仕事です。

ずっと同じ姿勢が続くことによって、足の血液が心臓まで戻りにくくなります。そうすると、足に血液が溜まってしまい、むくみを生じます。また、同じ姿勢を続けていることで心臓のポンプ機能が働かなくなってしまいますので、余計に症状が悪化してしまいます。

よって、仕事柄長時間同じ姿勢を続けているという方は、適度に体を動かすようにしましょう。そうするだけでもむくみの症状が軽減されます。

下肢静脈瘤などの病気

むくみに悩む女性

むくみは一時的に起こる症状で、女性はむくみやすいと言われている…という理由から、日頃むくみを感じていても重く受け止めていない方が多いです。

もちろん、仕事や体質、年齢によってむくんでいる方もいますが、実は病気が原因でむくんでいる方も居ます。そのため、むくみを軽視しないようにしましょう。

女性に多い病気の「下肢静脈瘤」と呼ばれる病気によっても、むくみが生じます。

15歳以上の日本人女性の4割以上が下肢静脈瘤になっていると言われています。また、30歳を超えると6割以上の女性が下肢静脈瘤になると言われています。

日本人女性の多くが悩まされることが考えられますので、今は心配がないという方も今後悩む可能性は十分にあります。そのため、今後の事を考えてしっかりと下肢静脈瘤について知っておきましょう。

下肢静脈瘤とは

下肢静脈瘤というのは、血液が逆流することで発症します。血液というのは全身を循環していますが、足というのは重力の関係で血液が溜まりやすくなっています。しかし、心臓まで血液を送る必要があります。

また、心臓まで血液を送る際には逆流しないように弁がついています。ただ、妊娠、加齢、立ち仕事、デスクワーク等によって弁の機能が低下します。

弁の機能が低下することによって血液が足に溜まって静脈が膨れて、下肢静脈瘤となります。

下肢静脈瘤の症状ですが、足がだるい、むくむ、痒いなどの症状が現れます。また、足にはミミズのように血管が浮き出て見えるという特徴があります。

こうした症状を自覚している方も居ますが、中には自覚するほどではないという場合もありますので、発見が遅れるケースが目立ちます。

下肢静脈瘤が原因となって浮腫が生じているという場合には、片足だけがむくんでいるという症状が見られますので、こうした症状を感じている場合には病院へ行きましょう。

むくみ解消には

スマホで調べる女性

日頃むくみがすごくて悩んでいる…こうした女性は非常にたくさんいます。

むくみで見た目が大きく変わりますし、自分のモチベーションも変わってきます。

浮腫の症状によっては病院へ行く必要がありますが、そうでない場合には自分でむくみを解消していきましょう。

むくみを解消する方法はたくさんありますので、色々な方法を実践して自分に合った方法を取り入れていきましょう。

むくみを解消する方法をインターネットなどで検索していると、よく「生活習慣の改善が必要」というように記載されています。

もちろん、生活習慣を見直すことでむくみだけではなく、肌荒れ、肥満など様々なコンプレックスが解消されますので、生活習慣を改善するに越したことはありません。

しかし、日々の仕事が忙しくて、生活習慣改善に努めている時間がない…という意見が多いです。

そうした場合には、手軽にむくみを解消することのできる薬やサプリメントをおすすめします。こうしたものを利用すれば、飲むだけで徐々にむくみが解消されていきます。

むくみ解消効果があるとして有名なラシックスは、強い利尿作用がありますので効果を実感しやすいです。一気にトイレへ行く回数が増えますので非常に大きな効果を実感できます。サプリの場合にはラシックスのような医薬品ではありませんので、一気に効果が出ることはありません。しかし、副作用の心配がいりませんので安心して続けられます。

どちらでも「飲むだけでむくみが取れる」ということで、試してみる価値はあるでしょう。

薬以外で解消

弾性ストッキング

仕事柄、脚がむくみやすい…という方は、日頃からしっかりとむくみ対策をしておく必要があります。しかし、なかなか運動をする時間や体力がない。だからといって薬に頼るのは抵抗がある…こうした場合には、弾性ストッキングでむくみを解消する方法があります。

弾性ストッキングというのは、着圧ストッキングとも呼ばれています。通常のストッキングよりもしっかりとした繊維で、着用すると適度な圧迫を感じます。

弾性ストッキングを着用することで、筋肉のポンプ機能を物理的に高めることができるので、心臓へと血液を送る手助けとなります。また、ポンプ機能を高めると同時に血管から間質液が染み出るのを防ぎます。

履くだけでむくみの解消や予防ができるということで、忙しい方にはぴったりです。

ただし、むくんでいる状態で弾性ストッキングを着用しても、あまり効果がありません。よって、むくむ前に着用しておく必要があります。とは言っても、ストッキングは朝履くものですし、朝はむくんでいない状態なので特に問題はないでしょう。

弾性ストッキングにはいろいろな種類があります。ハイソックスタイプもあればレギンスタイプもあります。また、形状もサイズも豊富にあります。

脚のむくみを予防するという目的で弾性ストッキングを着用するのであればハイソックスタイプで十分です。

いろいろなタイプがありますので、購入する前には自分に最も適している弾性ストッキングを選ぶようにしましょう。

また、リンパマッサージなどの簡単なマッサージであってもむくみ解消につながったりするので、そうしたマッサージを調べて実践してみるのも一つの方法となっています。

見た目が全く変わることも

モデル体型のOL

ダイエットで美しくなりたいと願っている女性は多いことでしょう。

しかし、ダイエットの努力をして体重も落ちているのに、どうも見た目に変化が感じられない…そんな場合は「むくみ」が原因かもしれません。

もしも、むくみが原因となって痩せて見えないのであれば、むくみを解消してあげることによって見た目に大きな変化が現れます。

また、ダイエットはしておらず、体重の増減もないのに見た目が太って見えている…こうした場合もむくみが原因となっているかもしれません。

世の中には食べる量は多いのに太っていないという方がいます。また、少しダイエットしただけで痩せるという方も居ます。こうした体質の方はすごく羨ましいですよね。

では、食べると食べるだけ太ってしまう方と食べても太らない方の違いとは一体何でしょうか?その違いは血流です。

体の中を流れている血液というのは健康状態によって質が変わります。血液が汚れている場合にはドロドロして流れにくくなっていますし、汚れていない血液はサラサラして全身をスムーズに血液が流れます。血液がドロドロになってしまうと、栄養素がスムーズに運ばれず、皮下脂肪や内臓脂肪に流れ込み、蓄積されてしまいます。そのため、浮腫が生じて太って見えます。

むくみが原因で太って見えているというような場合には、ダイエットを意識するよりも血液をサラサラにすることを意識していきましょう。そうすることで、徐々にむくみは解消され、スッキリとした顔やスタイルになることでしょう。

また、血液をサラサラにするということは、全身の健康にも効果があります。肌荒れ改善、腰痛解消、頭痛解消、便秘解消…あなたの体の悩みは、全て血流が原因となっていたかもしれません。

むくみやすい人の特徴

血圧低い女性

むくみというのは病気ではありません。しかし、病気の前兆である場合もありますし、むくみをそのままにしていると、全身に何らかの影響が出てしまう恐れがあります。

むくみには必ず原因がありますので、ここではどういった方がむくみやすいのか?チェックしていきましょう。

また、むくみやすいタイプを知っておけば、今後のむくみ対策にも活かせます。

肥満の人

肥満気味の方というのは心臓に負担がかかっています。よって、静脈血を心臓に送る力が弱まってしまいます。そうすると、血液が足元にとどまってしまうことになります。

また、皮下脂肪が多いと、むくみが生じた場合に解消しにくくなります。よって、肥満気味の方というのはダイエットに取り組み必要があります。

血圧が低い人

血圧が低いことは、ポンプ機能が低いということです。そのため、心臓へ送る血液の量が少なくなり、むくみやすくなります。心臓に病気がない場合でも、血圧が低いと心臓のポンプ機能が弱くなってしまいます。

アルコールを過剰摂取する人

アルコールは適度であれば問題ありませんが、過剰に摂取してしまうと脱水症状が起こります。その際、水分ではなくアルコールを摂取することでむくみにつながります。よって、翌朝顔がむくんで大きく見えたり、まぶたがむくんで見た目年齢を引き上げてしまうこととなります。

こまめな運動でも解消可能

運動する女性

むくみが生じてしまうと、見た目の魅力が半減してしまいますし、自分のモチベーションも下がってしまいます。よって、むくまないように日頃から予防しておくことが大切です。また、むくみの解消方法はいくつかありますので、いくつかむくみ解消方法を覚えておきましょう。そうすることで、むくみに悩まされることもなくなるでしょう。

むくみを解消するためには、やはり生活習慣の改善が必要です。基本的には運動、食生活、休息です。この中でも特に注意しておきたいのは「運動」です。

ただ、運動というとがっつりと体を動かさなければならない…と思ってしまいますよね。そうなれば、運動が苦手な人は続かないでしょう。

しかし、むくみ解消目的の運動であれば、家事をするだけでも十分です。

一日中同じ姿勢でいるということがむくみの原因なので、定期的に体を動かすようにするだけでOKです。家事であれば、掃除機、洗濯物を干す、買い物へ行く…こうしたことでも十分です。仕事をしている方であれば、1時間に1回は体を動かすようにする、手足をブラブラと動かすようにするだけで十分です。

こうした少しの運動がむくみ解消につながります。

おすすめの記事

水を飲んで薬を服用

服用方法や副作用

体内の余分な水分の排出を促すラシックスは効果が強いため服用方法や副作用に注意が必要です。

病院で処方してもらう

医療機関での処方

ラシックスは比較的高い効果を持つ薬のため医療機関(病院・クリニック)から処方してもらえない場合もあります。

副作用に悩む女性

誤用への注意

ラシックスは効果が高いため誤った服用の仕方をすると副作用が強くなる場合があるため正しい理解が必要です。

スマホで購入する女子

通販サイトで購入

ラシックスを購入する場合は海外医薬品の通販を利用することによって確実に入手することができます。