TOP > 医療機関での処方

ラシックスは比較的高い効果を持つ薬のため医療機関(病院・クリニック)から処方してもらえない場合もあります。

購入の方法について

病院で処方してもらう

ラシックスはむくみがちな女性の救世主的存在です。

服用するだけでむくみを解消することができるのですから、無理に体を動かしたり、食生活に気をつける必要もありません。

しかし、そんな利尿剤のラシックスを手に入れるとすれば、どこに行けばよいのでしょうか?

薬ということでドラッグストアに買いに行く方も居ますが、ラシックスはドラッグストアで販売されていません。よって、ラシックスを手に入れるためには医療機関で処方してもらう、もしくは個人輸入代行サイトで購入する必要があります。

内科や泌尿器科で

病院で処方してもらう場合、どの病院へ行けば処方してもらえるのでしょうか?

症状によって適した診療科は異なりますが、ラシックスは利尿剤ということなので、内科や泌尿器科へいくこととなります。

ただし、ただ単にちょっとしたむくみを解消したい…という程度では処方してもらえない可能性がありますので注意しましょう。

個人輸入代行サイトを利用する場合、ネット上には多くのサイトがありますので安く手に入れることのできるサイトを見つけると良いでしょう。

病院でも個人輸入代行サイトでもラシックスを手に入れることはできますが、それぞれで金額や手に入れるまでの手順などは変わってきますので、どのようにして手に入れればよいか?しっかりと考えた上で購入しましょう。

病院で購入する方法

ラシックスを病院で処方してもらう場合、どのような流れで処方してもらうことができるのか?簡単に流れを説明します。

まず、ラシックスを処方してもらいたいと考えているのであれば、内科か泌尿器科を利用しましょう。

現在、全国の医療機関はネット上に情報が掲載されていますので、自宅から通いやすい医療機関を探しましょう。

基本的にむくみ解消のために医療機関を利用する場合には、継続的に通うことになりますので、通いやすさは重要です。

また、医療機関によっては初診予約ができますので、待ち時間短縮にもなるでしょう。

診察は短時間で済む

はじめて利用する医療機関であれば問診票を記入します。問診票にはどんな悩みか?いつから症状を感じていたか?現在治療中の病気はあるか?現在服用中の薬やサプリはあるか?などの質問が記載されています。ラシックスには併用禁忌薬などもあります。そのため、現在服用している薬があるという場合、名前を覚えることが難しいと思いますので常用している薬を持っていくと良いでしょう。

診察では、医師が問診票に従って質問を行ない、より詳しい症状などを伝えます。

場合によっては検査を行なうこととなりますが、診察内容は短時間でしょう。

医師がラシックスを服用する必要があると診断した場合に処方してもらうことが可能です。また、ラシックスを処方してもらう際には、医師から用法用量などの説明がありますのでしっかりと聞いておきましょう。

医療機関と薬局が別になっている場合には、処方箋を持っていきラシックスを処方してもらうこととなります。

病院では手に入れづらい

病院へ行くと医師の診察を受け、症状に応じた薬を処方してもらうことができます。基本的には自分の体の悩みを伝えると、悩みを解消するための薬を処方してくれます。しかし、ラシックスの場合には確実に処方してくれるとは限りません。

というのも、ラシックスは非常に強い利尿作用を持っています。また、服用方法を間違えると副作用も生じます。よって、ダイエット目的で試したいから、簡単にむくみを解消したいから…というような理由では処方してもらえません。

内科や泌尿器科で処方してもらえるお薬ではありますが、なかなか医療機関では手に入れづらいお薬となります。

ただ、その場合にはそれに変わるお薬を処方してくれますし、どうしてもラシックスが良いという場合には個人輸入代行サイトで購入できます。

効率を考えた場合には通販で

日々のむくみに悩んでいる…そうした場合にはラシックスが有効です。

しかし、病院へ行くのが面倒、病院へ行くほどの症状ではない、金銭的に厳しい…このような理由でなかなか病院を利用できない方もいることでしょう。こうした場合には、病院へ行かなくても通販という方法がありますので安心してください。

通常、医薬品というのは医師の診察を受けて処方箋を発行してもらわなければ手に入れることはできません。しかし、海外ではドラッグストアやネット通販で医薬品を販売しており、処方箋がなくても購入可能です。

海外で医薬品を販売している通販サイトを利用すれば、病院へ行かなくても医薬品を手に入れることができます。

個人で海外の通販サイトを利用するとなれば手続きが面倒ですしトラブルに巻き込まれる可能性は高いですが、個人輸入代行サイトであれば手続きを業者が代行してくれます。よって、利用者は普通の通販サイトとして商品を購入できます。

個人輸入代行サイトを利用すれば、誰でも確実に商品を手に入れることができます。

しかも、病院へいく手間も省けますし、診察料も必要ありません。また、個人輸入代行サイトでは病院で処方してもらう場合と比べて安いです。病院であれば1錠あたり15円程度ですが、通販であればさらに安い1錠あたり13円程度での購入が可能です。

これほどお得に購入できるのであれば、個人輸入代行サイトを利用するべきでしょう。